らいふしふったー

20代後半の未経験がプログラミングに挑戦していくサイト。

プログラミング

DIVE INTO CODEのDEMODAYに行ってきた。

投稿日:

Pocket

DIVE INTO CODEのDEMODAYが5月28日(日)にあったので観戦してきました。

開催場所は、渋谷ヒカリエ内にあるレバレジーズさんのオフィスです。

 

 

DEMODAYとは

スタートアップなどの起業を目指している人らが、資金調達のために投資ファンドのベンチャーキャピタル(VC)や個人投資家(エンジェル)に向け、アイデアやビジネスモデルのプレゼンする披露会。

シリコンバレー等で活発的に行わているやつ。

 

元々、DIVE INTO CODE内では受講生や卒業生のアプリケーションの成果発表会だったらしいです。

コミュニティの人数が増えてきて、規模も大きくなってきているDIVE INTO CODEのDEMODAYは、今回で第3回目の開催。

 

アイデアや技術、ビジネスなどの観点を評価されるとのこと。

会場の観戦者も、各発表に評価できるを送信できる仕組みで最優秀賞とかありました。

 

 

審査員ゲスト

 

・株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫 義人氏

・株式会社オルトプラス CTO 嶋田健作氏

・Skyland Ventures 代表パートナー 木下 慶彦氏

 

最初は聞いたこともなかったのですが、ググってみると個人的にはすごいゲストでした。

 

ビジネス視点の鋭い質問や意見があったし、スマホやノートパソコンで常に情報のやり取りをしていたように伺えました。TwitterかFacebookあたりのUI画面っぽかったかな?極端に言い方をするとホリエモンみたいな方々。

 

ベトナム投資やインキュベーター事業する人は、なかなか身近にはいないですよ。

 

※インキュベーター
一定温度で温めて孵化させる孵卵器のこと→ビジネスでは起業家を支援する人やサービス。

 

 

発表者

事前にDIVE INTO CODE内で参加希望者たちの選考会があります。

選考に選ばれた(?)4名の人たちが12分のプレゼン・デモを行っていきます。
(終わったら会場とゲストからの質問タイム)

 

 

・発表されたアプリケーションは、卒業要件以上の技術や機能が盛り込まれていた。

・完璧な細かい事業計画までは行かないけど、必要な要点はかなり揃えられていた。

・時間確保が難しいと言うのもあるでしょうが、プレゼンは練習すればかなり伸びそう。

・デザイン(UI/UX含む)についてはスクールでほとんど学ばないけど、受け手にとっては重要な要素。だから、最低限の見た目で良いと考えはもったいないし、自分以外の多くの人に見てもらうのは大事。

 

 

 

 

思ったこと

自分があったら良いなと思ったサービスを創るのが一番。

アイデアや技術も大事だけど、プレゼンやデザインも大事。

稼ぎくことが悪いことだと思う人もいるけど、ビジネスモデルもしっかり考える。

 

スクールの受講生7、8割は経験ゼロから受講している。

今回、発表した人たちは皆その経験ゼロの人たち。

 

そんな人たちが、サービスやプロダクトアプリを生み出す、創れる人になるってすごいことだなっと改めて感じさせられました。

 

 

テスト

テスト

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

タイトルに困ったら近況報告

月の下旬になると家賃振り込んだり、スクールの授業料を決済したりしてお金の重みを感じる…。 もっと毎日を充実させて一つでも成長しなきゃって思うんです。 関連

no image

【第3回】Progate Sunday Schoolに行ってきた

日曜日にProgateを使ってプログラミングを勉強するイベント 【第3回】Progate Sunday Schoolに応募できたので、Progate(プロゲート)に行ってきました。 関連

no image

Bootstrap

no image

シェアハウスを決めた

こんにちは、今日は昨日の一日を踏まえて生きました信です。 今朝はすぐに外に出て朝から夕方までカフェで作業しました。 関連

no image

deviseをインストールした直後のエラー