らいふしふったー

20代後半の未経験がプログラミングに挑戦していくサイト。

未分類

地方公務員を辞める理由

投稿日:

Pocket

こんにちは、冬の寒さに弱い信です。

現在、私は地方公務員で働いています。世間的には安泰のイメージのある職ですが、近日中に辞める予定です。そんな理由を今更ながらまとめました。

 

田舎の地方公務員は現在4年目で、仕事を覚えて環境にも慣れてきたところです。

しかし、上司のパワハラや仕事の生産性の低さ、今後の流れを考えたら、このまま続けてる意味や価値ってあまりないことに気づきました。

 

1.上司からのパワハラ

うちの組織は上司からの暴力、無視(人間関係の切り離し)が平気にあります。人間ですから日によって機嫌や感情の変動があるのは当然です。しかし、これらの行為は組織・労働環境として現社会では行ってはいけませんよね。こんなことを我慢していくのは時間の無駄で人生の無駄です。

 

2.仕事の生産性の低さ

これは日本のどの企業・組織にも言えることだと思います。希少価値である時間やお金を多く使用しているわりに付加価値の低いことばかり行なっている。過去の仕事を踏襲しているだけ、上の指示だけで動いてるいる組織は業績なんて伸びないでしょうね。日本の多くの人は付加価値の低いことに多くの時間を使用して無駄に働いています。上にならないと組織は変えらません、上になるには年齢を重ねないとならず、それからじゃもう遅いんです。

 

3.今後の流れ

「公務員は安定している」そんな時代はもうなくなります。公務員の給与は税金からきます。日本の人口は減ります、特に地方は都会に人が流れるので特に減る。労働が減るから納める税金も必然と減ります。そのうち税率や定年年齢も上がると思いますが、少子化における30代以下の人たちにとっては大変な道です。公務員は副業もできませんし、クビにはならないけど同じ仕事しかしない、そして低収入になる。少子高齢化やグロバリセーションによって公務員だけの話ではなく一般企業についても似たように収入減って行きます。

 

上司のパワハラがなくとも準備して公務員は辞めると思います。人生の有限性を再確認したらこのまま生活しているのがリスクだと思っていたので、ちょうど良いタイミングだと認識して前向きに退職をしようと考えています。

しかしながら、今まで良くしてもらった思いを考えたら悲しくなりますよね。退職する話をするのは物凄い勇気のいるものでしたよ。

だけど、何でもかんでも得ようとしていたら前には決して進めません。自分の人生を精一杯生きましょう。

テスト

テスト

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

タイ料理を食べに行きました。

no image

躍動する

no image

人生は結局はやりたいことをするだけ。

no image

身体を鍛える

こんばんは、アブローラーという腹筋を鍛えるローラーを再開し始めた信です。 腰痛も良くなってきたので筋トレを再開しようと思います。 関連

no image

車を売るなら

こんばんは、信です。 現在マイカーを所有しているのですが、上京するから手放すつもりです。でもどこに売ればいいか分からない…。 関連