らいふしふったー

プログラミング、読書、映画や消防ネタを取り扱います。

プログラミング

同期の勉強会

投稿日:

Pocket

先日、同期で行われる勉強会をするべく渋谷まで行ってきました。

 

土曜日、日曜日や祝日だと昼間でも電車などの交通機関は凄い混みますね!

上京してから3週間経ちましたが、いつも平日日中ばかりの移動でぎゅうぎゅう詰めの満員電車には遭遇していなかったです。

 

夏場がこわいです…!

 

 

さて、「DIVE INTO CODE」の勉強会というのは授業がないの週に同期がみんなで集まって、プログラミングの勉強をしようというものです。

 

授業は二週に1回の隔週で組まれおり、何もない週があって期間が空いてしまうんです。

 

 

基本的に各自が時間をつくってオンラインテキストを進めて課題に取り組んで行くんですが、平日は仕事だったりで時間が取れない人も多いです。

また、自らが取り組めない状態になっているとモチベーションが下がったり、やる気が続かなくなって途中でやめてしまう人がいるそうです。

 

だから、授業がない週は、同期のみんなで集まってモチベーションを保てるようにやってほしいという話ですね。

 

 

勉強会と言っても、授業毎に提出が必要な課題を確認し合うがメインとなりそうです。

 

忙しくて決められた期日までに終えれない人がどうしても出てくるんですよね。

 

 

みんなで助け合って成長していくというのは、コミュニティの力を活用する感じでしょうか。

 

こういったスクールで形成されたコミュニティにどれだけ入れ込むかは、また別途問題があるかと思いますが、目標(価値)に向かっていけるものであれば問題ないのかなと思います。

 

 

今回は、初回ということもあって最初に勉強会の方針なんかを決めました。

 

その後は、講師やメンターの方が新しい作ったオンラインテキストのフィードバックを行いました。

 

作られたテキストを実際に進んでいって、間違えの有無や言い回しの確認、ここはこういう表現や書き方をしてほしいとか意見を出していくものです。

 

運営側からしたらテスターみたいなものでしょうか。

学習が始まったばかりの受講生の意見を直に聞けてよかったと言ってましたね。

 

 

自分たちは、現状のテキストの復習にもなったり、また別の視点で基礎を学ぶことができました。

 

新しいテキストをやってみて思ったのは、知識がある経験者の説明と、まったくの未経験者との理解はかなりズレが生じるものだなーということです。

 

実際に新しいテキストを読んでみたら、とても分かりにくい部分が結構ありました。

ある程度学習している人からすれば理解できるんでしょうが…。

 

 

しかし、自分たちも知識がついてきたら同じようになりますよね。

視点が変わってしまい、今まで知らなかったことが当たり前の常識になってしまうんです。

 

 

医療の業界では、患者やその家族に説明をする際は専門用語は使わないというのがお約束です。

そして、理解してもらえるようその人に分かりやすい説明をして相手から同意を得る必要があります。

 

相手の身になるって難しいですよね。相手に合った内容を出すのが理想ではありますが…。

 

だから、今の学び始めた時期の気持ちだったり、分からなかったことなんかは大事に覚えておきたいです。

 

自分たちの時も〜だったな、こうしたら理解できたとかを増やせると誰かに教えるときなんかに役立ちます。

 

 


 

最近、また生活リズムが乱れてきました。

学習で行き詰まってしまい、ちょっと距離を置いてしまいましたね。

 

これまでやってきたこと振り返ると、理解できてない部分がまだあるので今までのこと復習しようかなって思ってます。

 

とりあえず余計なことに時間を使わないように意志力を取り戻します!笑

 

 

テスト

テスト

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

deviseをインストールした直後のエラー

no image

新しいことをやると疲れて逃げ出したくなる

no image

【第3回】Progate Sunday Schoolに行ってきた

日曜日にProgateを使ってプログラミングを勉強するイベント 【第3回】Progate Sunday Schoolに応募できたので、Progate(プロゲート)に行ってきました。 関連

no image

人的ネットワークを築く

no image

プロゲートで復習しよう